カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ともみんく

Author:ともみんく
劇症肝炎を発症し、肝移植を受けた息子(レシピエント)の母(ドナー)です。

劇症肝炎発症から元気になるまでの経緯、普段の生活を記録しています。

※日付順に、全部の記事をまだ書いていないのですが、少しずつ記事を埋めて行きます。

肝移植から
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク2
最新コメント

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19回目の外来2015-01-09(Fri)

2015年1回目の外来です。
今日幼稚園はお休みし、明日から世間では3連休なので
息子は4連休です。

今日はいろんな方とお会いすることができました。

お会いしたことがなかったけれど
メールでやりとりして、ずっとお会いしたかったと思っていた方や、

お子さまが移植手術を控えているときに、
このブログを見てくださっていて
未来が不安だったけど、元気になるんだと思えたことを
話してくださった方もいて、

少し前まで、あの辛い気持ちとずっと戦っていたんだ、
今はお子様も退院できて、
いろいろ心配事は抱えていらっしゃるだろうけれど
思っていたより明るい日々をきっと過ごしていかれるんだろうなと
考えたらウルっときてしまいました。


  <採血結果>
     1/9  12/12
AST    52    51
ALT    27    31
コリンエステラーゼ 497   404 

肝機能はいつも通り良好。
前回指摘された胆汁酸の値は問題ありませんでした。
今回、目立ったのはコリンエステラーゼが高かったこと。

コリンエステラーゼは肝臓の元気さを表す値だそうで
肝移植を受けた人で数値が500近い人はあまりいないそうです。
感覚的には300あればOK、200くらいだとまだ入院らしいです。

だからか、先生から薬多いなという話がでました。
プレドニンを切るか切らないか、ビオフェルミン等
他の薬を切るかどうかを話ましたが
次回の外来まで現状維持というとこになりました。

(ビオフェルミンなんかはそろそろ切れそうですが
 ウルソがタンシロップを混ぜても劇的にまずいという話を聞き
 息子が薬嫌いになられると困るので
 味をごまかすためにビオフェルミンは残しています)

あと、コリンエステラーゼは高い分には問題ないと
言われたのですが、あとでコリンエステラーゼについて検索してみたところ
高すぎると病気のこともあるようです。

息子の場合は、おそらく
「正常な範囲の中で高い」
という良い意味合いだったのでしょう。

最近、栄養状態がいいんだな。
珍しく、計測で身長は伸びずに体重は1kg増えてたし。

次回の外来は2月初旬です。

次こそプレドニンを卒業できますように、、、








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

スポンサードリンク3

臓器移植ネットワーク


臓器移植ネットワーク
リンク
スポンサードリンク1
臓器移植 書籍・DVD・コミック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。