FC2ブログ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ともみんく

Author:ともみんく
劇症肝炎を発症し、肝移植を受けた息子(レシピエント)の母(ドナー)です。

劇症肝炎発症から元気になるまでの経緯、普段の生活を記録しています。

※日付順に、全部の記事をまだ書いていないのですが、少しずつ記事を埋めて行きます。

肝移植から
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク2
最新コメント

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の悩みのその後2014-09-18(Thu)

ここしばらく、息子から他の子たちに対する
暴力っぷりがだんだんと落ち着いてきました。

他人と特定の物の取り合いになったり
私に何か指摘されて気に食わないと
やっぱり手は出してくるのですが、だいぶ落ち着きました。
(落ち着いたといっても火がつくと、得意のキックが器用にでてきたりと手をつけられません。)

私も本当に泣いたこともあるくらい、息子の暴力っぷりには悩みましたが
その悩みもようやく快方にむかっております。

いろんな方にその悩みを私自身相談してみました。
(同じ年頃の男の子のママで同じ悩みをかかえる方は何人もいました。)

よくある答えだったのが
「言葉を話せないかわりに、自分のおもいを伝えようと手が出てしまう」

時間を置いて振り返ってみると
その答えは、息子にとっても当たっていたのかなと思います。

会話ができるようになるにつれて
暴力をふるった相手が痛がっていること、
悲しんでいることを伝えると

最近は、手をあげた本人が泣き伏せてしまいます。

(もちろんこの後のフォローは攻撃しないようにという内容です)

こうゆうことを繰り返して、
だんだんと親から見て、意味不明な攻撃をしてくることが減りました。

不器用な可愛い奴なんですね。


まだまだ、他の多くの同世代の子どもたちよりは攻撃的な息子ですが
最近は子ども同士で追いかけっこをしたいらしく、
公園で遊びたい相手を見つけると
自分から声をかけたり、年齢関係なく堂々と子どもたちの輪の中に入ろうとしています。
(相手の子どもによって受け入れてくれたり、無視で終わったりとマチマチです。)

うちの近所では、だいたい公園で集団でいるのは小学生くらいのこどもたちなので
その小学生たちも「この小さな子は何だ??」的な感じで
割り込んだ息子を一歩置いて知らないフリをするのですが
息子はそんなこと気にしません。

きっと、スクールに行かせてから、
近い歳の子、歳の離れた子と遊ぶことに対して何の抵抗もなくなったことが
大きなきっかけ、プラスの働いているのかなとも考えてます。

公園で走っている子がいる限り、追いかけ回って勝手に楽しんでいます。

サッカーをしている小学生の中に自然と入って、ボールを取ろうとしたり。


なんて、自由気ままな愛らしい行動(笑)

もしかしたら、物心つくまでの今だけの行動なのかもしれませんが
私は彼のその堂々とした姿が大好きです。

この感覚はずっと持ち続けてほしいなと思う
今日この頃なのでした。






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

スポンサードリンク3

臓器移植ネットワーク


臓器移植ネットワーク
リンク
スポンサードリンク1
臓器移植 書籍・DVD・コミック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。