カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ともみんく

Author:ともみんく
劇症肝炎を発症し、肝移植を受けた息子(レシピエント)の母(ドナー)です。

劇症肝炎発症から元気になるまでの経緯、普段の生活を記録しています。

※日付順に、全部の記事をまだ書いていないのですが、少しずつ記事を埋めて行きます。

肝移植から
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク2
最新コメント

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドレミファクラブ交流会2014-04-27(Sun)

今日は成育医療センターで肝移植を受けた家族会、
ドレミファクラブの交流会に参加してきました!

昨年の3月、ちょうど私が退院した翌日にもこの会があり、
昨年は飛び入り参加させていただきました。

あの頃は、元気に走り回っている肝移植をした子を見て
ほっとして、ダーーッと涙が溢れてきたことを
今でもよく覚えています。

そして、今回も昨年の記憶がぶわっと蘇るタイミングが何度かあり
全然平気なはずなのに涙がポロポロ...。

自分の子が重病にかかったりする出来事があると
平均して5〜6年、心の傷が癒えるのに時間がかかると聞ききました。

5〜6年なんて長過ぎじゃないかと思ったけれど、
こうゆうことかなと思いました。


会では、入院している時に知り合って
今はどうしているかなと、ずっと気になっていた友達に会えたり、

ドナーならではの話で涙が出るくらい大爆笑をしたり、

劇症肝炎のご家族6組と集まることができました!

原因不明な劇症肝炎の子をもつご家族のお顔を見て
「私たち、病気が出る前の共通点何かあるのかな」と、
つい、考えてしまうのでした。


こどもたちも、窓に絵を描いたり
ダーツをしたり、自由に走り回ったりと
楽しそうでした!

13988934851080.jpg

息子はペンで、服がとてもカラフルになっていました(笑)
気がついたら、私の白い服にも紫の線が・・・ww

先生たちも来てくださり、
気軽にお話やすい場でもありました。

昨年はこの会のおかげで、とても心が救われました。
これからもそんな方はいるはず。
この会がずっと毎年続いて行きますように・・。

立派な家族会の存在に感謝します!!









スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

スポンサードリンク3

臓器移植ネットワーク


臓器移植ネットワーク
リンク
スポンサードリンク1
臓器移植 書籍・DVD・コミック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。