カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ともみんく

Author:ともみんく
劇症肝炎を発症し、肝移植を受けた息子(レシピエント)の母(ドナー)です。

劇症肝炎発症から元気になるまでの経緯、普段の生活を記録しています。

※日付順に、全部の記事をまだ書いていないのですが、少しずつ記事を埋めて行きます。

肝移植から
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク2
最新コメント

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食事再開2014-03-03(Mon)

今日の夜からお粥の夕食がスタートしました!

息子は待ちに待っていましたとばかりに
運ばれてきた夕食を見て「あーーーーーーーーー!!!」と
歓声をあげていました。

大好きなイチゴのデザートも付いていました。

10分少々ですべてきれいに平らげました。
そこそこ量はあったと思うのですが
まだまだ食べたそうでした。

夕食前に看護師さんから、
「今日午後の腹部エコーのときに、出そうなウンチが溜まっていたそうなので
 食べたらブワーーーッと出るかもと先生が言っていました。」と予言がありました。

予言通り、食後20〜30分してから
ハンパのない水便が出てきました。
(連日、汚い話でごめんなさい・・・。)

先に教えていただいて助かりました。
あの状態でもし抱っこをしていたら、
今日もまた私の服が汚染されていたことでしょう。

今日も私が付き添いをしている間、便はこの1回だけでした。


今日の採血で肝機能が
AST106、ALT114と上昇していました。

ずっと水分補給食と点滴だったから、
また脂肪肝が進行しちゃったかな。
腹部エコーでも、やはり肝臓は白かったそうです。

腸もまだ腫れているそうなので
すぐに退院というわけにはいかないとのことです(^^;)

他の方への感染予防で、息子はベッド付近のスペースから
出てはいけないので、かなりストレスが溜まっている様子です。

なんとか、少しでも楽しく過ごせるように
私も協力しなきゃ。

物を投げて散らかしたり、飲み物を撒かれたりすると
ついイラっときて文句を言ってしまうのですが
もうちょっと病人に優しくしないといけないなと思いました。反省。

私もイラっときた自分と戦おう!











スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

スポンサードリンク3

臓器移植ネットワーク


臓器移植ネットワーク
リンク
スポンサードリンク1
臓器移植 書籍・DVD・コミック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。